ブランド買取にコピー商品や盗難品を持ち込むとどうなる?

ブランド買取ではどのようなブランド品でも買い取ってもらうことが出来ると思われているところがありますが、実際のところよほど状態が酷い物でなければほとんどが買い取ってもらえます。 ハイブランド品はもちろんですし、多少マイナーなブランド品であっても需要があると判断してもらえたのであれば買い取ってもらえる可能性は高いでしょう。

ただしかし、これはあくまでも「ブランド買取に持ち込まれた品が合法的な品物であった」という場合に限った話です。 残念ながらブランド品の中には違法な手段で作られたものもそれなりに存在しており、そうした物を流通させるわけにはいきません。 もし流通してしまえばブランドの価値が不当に貶められることになってしまいますし、そもそも違法商品を流通させることに関わったということになればブランド品業界のプロであるブランド買取業者としての沽券にかかわります。 ではそうした中にコピー商品や盗難品を持ち込んだ場合はどうなるのでしょうか。

まずコピー商品に関してですが、これは当然ブランド買取を断られることになります。 既存のブランド品を勝手にコピーして作られた模造品は当然違法商品ですし、そもそもコピー商品というのはブランド品ではありません。 ブランド品に良く似ているというだけですから、ブランド買取に出すべき品物ではないのです。 極まれに正規ブランド品と同じ部品や素材を使った精巧なものも出回りますが、そうしたものであってもプロの鑑定士であればほとんど見抜くことが出来ますので、買い取り拒否ということになるとして考えておくべきです。

では盗難品の場合はどうかというと、これは考えるまでもなく買い取ってもらえません。 実際には盗難被害に遭ったものなのかどうかということは判断が難しい部分もあるのですが、もしどこかで被害届が出されていて、その情報がブランド買取業者にまで伝わっていたのであればすぐにわかります。 品物自体は正規ブランド品である上にほとんどが未使用の品物なのですから需要は高いのですが、そうした品物の流通にかかわればブランド買取業者自体も罪に問われる可能性があるでしょう。

加えて、現在の古物営業法においては「古物買取をする際に不正品の疑いがあると認めるときは、直ちに警察官にその旨を申告しなくてはならない」と明記されていますから、ブランド買取を依頼した側がそうした不正品であるということを知らなかったとしても事情聴取などを受ける可能性がありますし、もし流通に明らかに関与していたと判断されたのであれば刑罰を受けることになります。 こういった事態になることを避けるためにも、普段からコピー商品や盗難品は買わないこと、関わらないことを心がけていくようにしましょう。